月明蕎麦花如雪

白楽天は月明に照らされた蕎麦の花を
どのような気持ちで眺めたのでしょうか?
私の好きな漢詩を紹介させてください。

  月 独 村 霜
  明 出 南 草
  蕎 門 村 蒼  
  麦 前 北 蒼
  花 望 行 蟲  
  如 野 人 切
  雪 田 絶 切


最後の節は、
「月明らかにして蕎麦(きょうばく)花雪の如し」
と読むんだそうです。 「きょうばく」の響きが、何とも心地よいですね。

この詩は、唐代の白楽天が長安より故郷に帰ったとき (811年)の作と伝えられています。
白楽天といえども人の子、郷里に帰った安心感・安堵感が 行間にうかがえますね。 その一方で、都での志が叶わぬままに郷里にもどった失望感が、 詠わせた詩だともとれます。

今をさかのぼること1200年、白楽天は月明に照らされた蕎麦の花を どのような気持ちで眺めたのでしょうか?



酒そば本舗トップページへ